和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  月見だんご
   
 
 

月見とは 陰暦の八月十五夜を「中秋の月見」といい、「仲秋の名月」などといわれるものです。

9月十三夜を「のちの月見」といいます。仲秋は《秋の3ヶ月(7・8・9)の中の意味》で陰暦8月の別称で、なかのつき。これに対して仲春は《春の3ヶ月(1・2・3)の中の意味》で陰暦の2月の別称です。月見は毎年日にちが変わります。

   
  月見には、もち粉を水で練って、蒸し器で蒸し、小さく小分けしてまるめ、片方を少し細く長くしたものを、下から5・4・3・2・1個、または、7・6・5・4・3・2・1個を三宝に下から段々に盛る。秋の野に咲く ススキに萩を添えて花瓶に活ける。

日本の風流と伝統はいつまでも残してゆきたいものです。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>月見 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約