和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  赤飯、祝い饅頭
   
 
  9月15日敬老の日は、昭和26年、当時の中央福祉協議会が「としよりの日」としましたが昭和38年に老人福祉法が制定され、その名称を「老人の日」と改められましたが昭和40年の「国民の祝日に関する法律」の改正により「敬老の日」となりさらに改められ平成15年から第3日曜日になりました。
       
  多年にわたって社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うとともに、とかく孤独で惨めな生活に陥りやすい老人の生活を明るく、豊かなものにするため、すべての人が老人福祉に関心と理解を深め、平和な家庭、明るい社会を作り、又老人自身も時代とともに生きる意識を盛り上げようとするものです。この日には赤飯や祝饅頭でお年寄りをお祝いしましょう。

老人福祉法でいう老人は65歳以上です。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>敬老の日 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約