和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  土用餅
   
 
 

雑節の一つで、立夏の前18日を春の土用、立秋の前18日を夏の土用、立冬の前の18日を秋の土用といい、立春の前18日を冬の土用といって、年に4回の土用があります。

普通は夏の土用だけをさします。土用の初日を土用入りといいます。

       
 

昔中国で五行説といって天地のすべては木・火・土・金・水の五気が支配するものという考え方から、春は木、夏は火、秋は金、冬は水の分担として、残りの土は四季とそれぞれの終わりに四分の一、18日、19日間ずつ日数を取って土の分担としたのが土用の名前の起こりといわれています。

土用は一年中で、最も暑く虫干しに絶好の時期とされています。

暑中見舞いはいただいた日から8月中旬までに出すのが常識で、それ以降は残暑見舞いとなります。

土用の丑の日の話は、江戸中期に、夏枯れ時で困っている鰻屋の愚痴を聞いて平賀源内が店頭に「土用の丑の日」と大書した看板を出させたところ多くの人が鰻を買い求めたという話はあまりにも有名ですが、これは夏痩せする時期に油の乗った鰻を食べることで夏ばての解消上医学的に栄養を取るのにうまく合致したというわけです。餠を甘い餡でつつんだ土用餠も、鰻同様、夏に元気を出すために食べる風習があり、和菓子屋の店頭を賑わしています。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>土用 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約