和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  笑わず餅(大阪では)
   
 
 

疫病が流行し多くの人々が病に倒れました、西暦848年、豊後の国(大分県)から白い亀を献上されたことを吉兆として、嘉祥元年と改元されました6月16日、時の仁明天皇が神前に菓子16種類を供え、疫病よけを祈願されましたら、たちどころに疫病がおさまり、祈願成就されたということであります。

       
 

この嘉祥祝いの行事は、疫病を払い福を招くとされ、江戸幕府は盛大に嘉祥の賀儀を行ったということであります。それが民間にも普及して、銭16文で16個の菓子を買い無言で無言で食べる風習となりました。

この6月16日を「和菓子に日」とさだめて、全国的に和菓子の宣伝を行うとともに、日ごろのご愛顧に感謝の意を表したいとぞんじます。

大阪では、6月16日に「笑わず餅」を食べます。16種類の漢方エキスの入った健康和菓子です。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>和菓子の日 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約