和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  柏餅、粽(ちまき)
   
 
 

「こどもの日」は国民の祝日で、こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日です。児童福祉法は昭和22年に制定されました。25年5月5日には児童憲章が定められました。

端午の節句は、五と午後を通用したころから起こったといいます。つまり、端の午の日が「端午」というわけです。

  他の月の5の日も端午となるのですが  
 

5が二つ重なる5月5日を重く見て「端午の節句」となりました。中国では陰暦5月は物忌の月で悪月とされているので5月5日に病気や災厄をはらう目的でいろいろな行事を催したといわれています。  

日本の端午の節句は聖武天皇の時代といいます。この1日、菖蒲を飾り物にしたと「純日本記」に書かれているといううことです。現在、家の軒端に「菖蒲」や「よもぎ」を葺き、菖蒲を入れた菖蒲酒を飲み、菖蒲湯に入るのは菖蒲が尚武になると端午の節句は男の子の祝日となり7歳以下の男の子のある家では、外に幟、吹流し、鯉幟を飾り、家には、内幟、を立て冑人形、弓矢、刀剣などの5月人形を飾ります。

粽、悪魔をかたどってあるところから、悪魔幸福の心をもってねじ切るのだとか、蛇に似せて作ったものだとか一定しない。男の子は5月5日の「端午の節句」に柏餅・粽(ちまき)作って祝います。力持ちの象徴ともいえる金太郎人形を飾り、青い大空に泳ぐ鯉幟を立て子供の成長と、賢く、大きく、強くなることを願いお祝いします。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>端午の節句 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約