和菓子大阪タイトル
和菓子の種類と特徴 和菓子と人生の節目 和菓子と年中行事 和菓子の歴史 和菓子と健康 和菓子を家庭で作る 和菓子大阪ご挨拶
       
 
 
 
         
  事始め   お正月
  節分   春の彼岸
  桃の節句 端午の節句
  母の日 和菓子の日
  父の日 七夕祭り
  お中元 土用
  敬老の日 月見
秋の彼岸 お歳暮
 
 
 
 
  ご用意する和菓子
   
  菱餅、草餅、赤飯
   
 
 

3月3日のおひな祭りは女児の節句で上巳の節句とも弥生の節句ともいわれ、起源は古く、平安時代で当時の書物には美しい小さい男女の人形を持って遊ぶのを「ひいなあそび」といったそうです。

上巳の節句は、旧暦の3月3日が十二支の「上の巳の日」なのでこのように呼んだのだそうです。

  この厄払いの身代わり人形と飾って遊  
  んだりする人形とが結びついて雛人形となり雛祭りとなったのです。
また、一説には、上代は3月3日に宮中で儀式と宴会が催され、これらの楽しい遊びと、幸福を祈るしきたりと儀式が一つになって、後のひな祭りの起源となったとも言われております。江戸時代の始めから現在のような雛祭りになったのです。

雛人形は内裏雛(男女一対)、官女(3人)右大臣、左大臣、五人囃子、衛士(3人)の15人一揃いが正式です。調度は、犬張子、貝桶、箪笥、長持ち、挟み箱、御厨司、黒棚、駕龍、茶道具、などの婚礼調度が飾られます。

この日には、白酒をのみ、草餅を食べるのも習慣です。
毎年3月3日、この日に人形で子供の体を撫でて、けがれを人形に移して、川へ流して身体を浄化したのがはじまりで、その風習が雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を祝う行事へと変化してきました。

雛飾りには菱餅、草餅を飾り、赤飯でお祝いをするのが習わしとなっている。菱餅は、桃色・白色・緑色の餅を、それぞれ約1cmほどの厚さに伸ばし、上から桃・白・緑の順に重ね、菱形の一辺を約8cmから10cm程度に切ったもので、桃の花・雪・草の緑を表わしています。

   
 
 
 
HOME>和菓子と年中行事>桃の節句 ページのトップへ
お問い合わせご利用規約