大阪府生菓子協同組合タイトル
ご挨拶 ご挨拶 歴代の理事長 組合のあゆみ 事業の概要 関係先リンク 生菓子の安全確保マニュアル
 
HOME >> 生菓子の安全確保マニュアル >> 大阪府食品衛生法施行条例 別表第二(第4条関係)(抜粋)
施設基準 − 大阪府食品衛生法施行条例 別表第二(第4条関係)(抜粋)
【共通基準】
営業の施設の設置場所の基準
営業の施設は、衛生上支障のない場所に設置すること。
営業の施設の構造設備の基準
1 営業の施設は、住居その他営業の施設以外の施設と明確に区分すること。
2 作業場は、使用目的に応じて適当な広さを有し、かつ、十分な明るさを確保することができる照明の設備及び換気を十分に行うことができる設備を設けること。
3 作業場の床は、次に掲げる要件を備えること。
(1)排水溝を有すること。
(2)清掃が容易にできるよう平滑であり、かつ、適当なこう配のある構造であること。
(3)水その他の液体により特に汚染されやすい部分は、耐水性材料(厚板、モルタルその他水により腐食しにくいものをいう。
  以下同じ。)で造られていること。
4 作業場の床面と内壁面との接合部分及び排水溝の底面の角は、適度の丸みをつけ、清掃が容易にできる構造であること。
5 作業場の内壁は、清掃が容易にできる構造とし、床面からの高さが一・五メートルまでの部分及び水その他の液体により特に汚染されやすい部分は、耐水性材料で造られていること。
6 作業場の天井は、すき間がなく、清掃が容易にできる構造であること。
7 営業の施設は、ねずみ、衛生害虫等の侵入を防ぐ構造であること。
8 営業の施設及び機械、器具類は、製造量、販売量、来客数等に応じて十分な規模及び機能を有するものを設けること。
9 器具の洗浄、消毒、水切及び乾燥の設備を設けること。
10 9の洗浄の設備は、熱湯を十分に供給できるものであること。
11 固定した設備又は移動が困難な設備は、洗浄が容易にできる場所に設けること。
12 機械は、食品又は添加物に直接接触する部分が不浸透性材料(ステンレス、石、コンクリートその他水が浸透せず、かつ、さびないものをいう。以下同じ。)で造られ、かつ、洗浄及び消毒が容易にできる構造であること。
13 器具及び容器包装を衛生的に保管するための設備を設けること。
14 添加物を使用する場合は、専用の計量器を備えること。
15 原材料、添加物、半製品又は製品を保管する設備は、それぞれ専用のものとし、及び温度、湿度、日光等に影響されない場所に設ける等衛生的に保管ができるものであること。
16 冷蔵庫(セ氏十度以下に冷却する能力を有するものに限る。以下同じ。)、冷凍庫その他温度又は圧力を調節する必要のある設備には、温度計、圧力計その他必要な計器を見やすい位置に備えること。
17 飲用に適する水を十分に供給できる衛生的な給水設備を専用に設けること。
18 十分な容量を有し、不浸透性材料で造られ、清掃が容易にでき、及び汚液、汚臭等が漏れない構造である廃棄物容器を設けること。
19 便所には、ねずみ、衛生害虫等の侵入を防ぐ設備を設けるとともに、その出入口及びし尿くみ取り口は、衛生上支障のない場所にそれぞれ設けること。
20 消毒薬を備えた流水受槽式手洗い設備を、適当な場所に設けること。ただし、露店又は自動車のみにより営業(魚介類販売業を除く。)を行う場合にあっては、この限りでない。
21 従業員の数に応じて、更衣室その他更衣のための設備を設け、及び専用の外衣、帽子、マスク、履物等を備えること。
22 露店又は自動車により営業(魚介類販売業を除く。)を行う場合は、次に掲げる要件を備えること。
(1)流水受槽式手洗い設備を有しないときは、消毒用アルコール、逆性石けん等を含ませた綿を十分に入れた容器を備える
  こと。
(2)直接排水ができない場合は、水その他の液体が浸透しにくい材質で、かつ、洗浄が容易にできる排水容器を備えること。
23 露店により営業を行う場合は、当該営業に係る施設について、屋根を設け、及び覆いをする等により、調理し、又は加工するための設備にほこり、ちり等が入らない構造とすること。
24 自動販売機は、屋内に設置すること。ただし、ひさし等により雨水を防止できる場合にあっては、この限りでない。
25 自動販売機の設置場所の床面は、不浸透性材料で造られ、かつ、清掃が容易にできる構造であること。
【業種別基準】
菓子製造業
1 原材料の下処理場は、他の場所と明確に区分すること。
2 不浸透性材料で造られた洗浄槽を二槽以上設けること。
3 放冷の必要がある食品を取り扱う場合は、放冷のための施設又は設備を専用に設けること。
4 製品を直接包装する場合(機械により自動的に包装する場合を除く。)は、ステンレス又は合成樹脂で造られた包装台を専用に設けること。
5 まな板及び包丁は、生食用、加熱調理済み食品用及びそれ以外の用途用にそれぞれ専用に備えること。
6 生食用及び加熱調理済み食品用のまな板は、合成樹脂で造られていること。
7 冷却保存の必要がある食品を取り扱う場合は、冷蔵庫を設けること。
<<戻る    進む>>
ページのトップへ
P.27-「大阪府食品衛生法施行条例 別表第二(第4条関係)(抜粋)」
    大阪府生菓子協同組合 事務局/〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町1-20-12 TEL.06-6693-3121 FAX.06-6694-0220    
    お問い合わせは info@wagashi-osaka.or.jp まで