大阪府生菓子協同組合タイトル
ご挨拶 ご挨拶 歴代の理事長 組合のあゆみ 事業の概要 関係先リンク 生菓子の安全確保マニュアル
 
HOME >> 生菓子の安全確保マニュアル >> 食品表示に関する関連法令および表示内容、表示方法に関する業界としての方針
食品表示に関する関連法令および表示内容、表示方法に関する業界としての方針
 生菓子に関して、法令で定められている表示の内容は、次の通りです。大阪府生菓子協同組合に加盟する組合員は、法令で定められた表示を確実に行います。また、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)で禁止されている不当表示(優良誤認、有利誤認)は行いません。
生菓子は、食品衛生法、JAS法、景品表示法により、以下のように、表示の義務及び不当表示の禁止が定められています。

法令で定められている表示
○名  称:内容を表す一般的な名称(◇◇)
○原材料名:原材料に占める重量の割合の多いものから順に、一般的な名称を記載する
 (食品添加以外 食品添加物を使用した場合は、原則表示するの原材料名)  
○内 容 量:内容重量をg(s)により、または、内容体積をml(l)により記載する
○期限表示: 消費期限(急速に劣化しやすいもの。概ね5日以内のもの)もしくは賞味期限(品質の劣化が
  比較的遅いもの)を記載する
○保存方法:製品の特性に従って、保存温度等を記載する
○製造者:製造者氏名及び製造工場の所在地を記載する
○アレルギー原因物質:特定原材料(卵、乳、小麦、そば、落花生)を含むものおよび特定原材料由来の添加
  物を含む場合は、その旨を記載し、厚生労働省通知に掲げる特定原材料に準ずるものを含む場合は可能
  な限り記載する
○遺伝子組換え農産物:大豆(枝豆、大豆もやしを含む)、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実を原材料およ
  び原材料の一部とするもので、加工工程後も組換えDNAまたは組換えによって生じた蛋白質が残存するも
  のは、遺伝子組換えに関する表示を記載する

法令で禁止されている不当表示
○商品の内容や取引条件について著しく優良または有利と消費者に認識される不当な表示、誤認されるおそ
  れのある不当な表示は禁止されています。

優良誤認:実際に使用していないのに、「原材料に○○産の高級△△を使用」などと表示した場合
有利誤認:実際は定価を定めていないのに、定価から百円引きなど、不当に二重価格表示をした場合
原材料の産地表示は、特定品目以外は表示する必要はありませんが、大阪府生菓子協同組合では、今後、組合に加盟する組合員が取り扱う生菓子に、原産地表示を行っていきます。また、アレルギー原因物質について、特定原材料に準ずるもの(オレンジ、キウイフルーツ、くるみ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、バナナなど)を使用したときは、その旨を表示します。

また、お客様相談窓口の連絡先は、必ず、商品に表示することとします。
適正な表示を進めるために、大阪府生菓子協同組合事務局が、組合に加盟する事業者が取り扱う生菓子の表示部分の写真等を集約し、表示が適正に行われていることを確認します。消費者からの表示に関する問い合わせにも、すぐに答えることができる体制とします。
<<戻る    進む>>
ページのトップへ
P.15-「食品表示に関する関連法令および表示内容、表示方法に関する業界としての方針」
    大阪府生菓子協同組合 事務局/〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町1-20-12 TEL.06-6693-3121 FAX.06-6694-0220    
    お問い合わせは info@wagashi-osaka.or.jp まで