大阪府生菓子協同組合タイトル
ご挨拶 ご挨拶 歴代の理事長 組合のあゆみ 事業の概要 関係先リンク space
 
           
   
製餡共同生産事業    
         
  和菓子の主原料である生餡の品質確保と市場価格の安定に大きく貢献。
組合員の経営合理化に効果。
「よりよい餡をより安く」をモットーに努力を重ねている。
   
  昭和30年12月製餡部創設
  製造生餡:
    十勝小豆餡・北海小豆餡・小豆餡・特赤・手亡餡・特白
(色素・漂白剤・添加物等は一切使用していない。)
   
共同宣伝事業
         
  和菓子の需要拡大を図るため共同事業として煎活動を行っている。
         
  1) 賀正、和菓子の日などの店頭掲示ポスター・のぼりなどの制作。
  2) 節句、彼岸などのビラを紋日毎に作成配布。
  3) 新聞を媒体とした宣伝活動(子供の日・月見には半頁大に全会員の店名を掲載宣伝。年間数十回に及ぶ広告を実施。)
  4) 年間の歳事毎にカラーポスター・掲示ビラを作成配布。
  5) 和菓子協会制定マーク入りのれん・風呂敷・ナイロン袋・手提げ袋等を共同制作。
         
労働保険の事務代行事業
         
  組合員の労務管理近代化と従業員の定着性促進のため、雇用保険・労災保険の事務代行業務を行っており、組合員が煩雑な事務手続きを離れて、和菓子の製造、販売に専念出来る体制を作っている。
         
共同購入事業
         
  組合員の必要とする原材料、取扱商品を廉価で提供するため、共同事業を行っている。
     
  1)原材料及び取扱商品
    小豆、糯米、その他原材料、取扱商品(各種色素、抹茶、煎茶、のぼりなど)
  2)包装資材、紙器等副資材
    祝箱、進物用トムソン、サービス箱、フードパック、仕切り、不敷布風呂敷、綿及びナイロンふきん等
  3)和菓子製造機械・器具の幹旋及びメーカーの紹介
    その他餅伝票、栞、チラシ等の幹旋。
         
教育情報事業
         
  1) 「生菓子月報」毎月1回発行、組合員に無料配布。
  2) 「講習・後援会」春夏秋冬の4回主催。
  3) 「技術講習会」各種技術団体主催の技術講習会を後援。
  4) 「受験講習会」製菓衛生士・技能検定のための講習会。
  5) 「講演会」親睦と情報交換をかねて講師を招いて実施。労働問題・税務問題などのテーマを選定して開催。
  6) 「展示実演」毎年11月中旬頃に正月用の機械・器具を中心として開催。
         
福利厚生事業
         
  組合員及びその従業員の福利厚生を促進するため、労働大臣より組合員の中から勤労青年福祉員の委任を受け、その活動を通じて若年労働者の福祉増進を図るほか、年一回ボーリング大会、役員研修旅行、支部長研修旅行を実施している。
         
  組合内部の賛同者による共済会を設置。表彰や慶弔見舞金を給付。
  1) 火災見舞い
  2) 会員・会員の妻・組合員またはその家族が喪主となる同居の父母並びに子女の死亡
  3) 優良従業員の表彰
         
  このほか、火災保険を安い掛け金で万一の場合も早く保険金が支払われるよう大阪府火災共済協同組合の代理店業務を行っている。
また、一般より有利な生命・生涯のグループ保険、自動車リース制度も実施している。
         
   
献菓奉賛事業
         
  竹駒神社、明治神宮、小野神社、近江神社、平安神宮、橿原神社、林神社、橘神社、中嶋神社等に毎年それぞれの祭日には組合員から多くの献菓を行っている。
   
その他組合員のために必要な事業
         
   
            ページのトップへ    
                 
    大阪府生菓子協同組合 事務局/〒545-0014 大阪市阿倍野区西田辺町1-20-12 TEL.06-6693-3121 FAX.06-6694-0220    
    お問い合わせは info@wagashi-osaka.or.jp まで