HOME >> 新着情報一覧 >> 月見団子・月見うさぎの薯蕷饅頭

新着情報

月見団子・月見うさぎの薯蕷饅頭
9月は昔の呼び名で長月(ながづき)と呼ばれ、十五夜には月見団子とススキを一緒に飾ってお月見をします。10月の時もあります。そのときに食べる月見団子は、月をイメージした丸型に作ります。お彼岸にはおはぎを食べますが、これは、おはぎを仏前に供え、先祖と一緒に食べるという昔からの風習です。